春近し貝を拾うて磯づたひ       永田 由子

 

        筒袖の着馴れし紺や冬終る       林   徹

 

        節分や肩すぼめゆく行脚僧       幸田 露伴

 

        湯葉供へあり節分の鬼子母神      細見 綾子

 

        川波の手がひらひらと寒明くる     飯田 蛇笏

 

        鳩鳴いて烟の如き春に入る       夏目 漱石

 

        竹割りの竹とんで春きたりけり     新田 祐久